このページの目次を開く

実際の体験談をご紹介

運転免許取得のために銀行のフリーローンを利用(女性/20代)

女性/20代

半年ほど前、車の運転免許を所得するためにフリーローンを利用しました。

フリーローンで借入をした金額は40万円ほどです。

ずっと都内で暮らしてきたので、それまでは特に車を運転するような必要もなかったのですが、
入社から3年目の頃、本社勤務から地方の営業所へ配属されることなり、事情が大きく変わりました。

配属された営業所は、田舎というほど不便なところではなかったのですが、東京と比べると交通手段が限られており、
仕事上のスキルとしても運転免許がどうしても必要となりました。

そのときは引っ越しなどでお金を使ってしまい、すでに貯金がほとんどない状態でした。

転勤のための引っ越し費用などはある程度会社が出してくれましたが、
さすがに運転免許を取るために支援してくれるような制度はありません。

どうしようかと困っていたときに、知り合いから教えてもらったのがフリーローンでした。

カードローンよりも低い金利で借入ができるとのことだったので、
早速申し込み方法を教えてもらい融資を受けることにしました。

おかげさまで通勤途中にある教習所へ通い、3ヶ月ほどで無事免許を取得することができました。

現在は社用車を使うことがほとんどですが、いずれマイカーを買うときにはまたフリーローンを利用したいです。

人気のフリーローンのランキングはこちら

娘のピアノ練習の応援するために(男性/30代)

男性/30代

小学3年生になった娘がピアノを習い始めることになり、
教材費の購入や自宅での練習環境を整えるために、まとまったお金が必要になりました。

私も音楽は好きでしたし、ピアノは妻が昔習っていたということもあり、
家族一丸となって娘のチャレンジを応援をすることに決めました。

とは言っても、当時は下の息子がまだ産まれたばかりで、1年前に購入した新車のカーローンもまだ残っていたりと、
決してお金に余裕があるわけではありませんでした。

最初はキャッシングやカードローンといった借入方法を考えていたのですが、フリーローンであれば
ピアノなどの楽器の購入にも使うことができるということを知り、一度銀行に相談してみることにしました。

申し込み方法も難しいものではなく、ピアノ購入の見積もり書など目的が分かるものさえ用意をすれば、
保証人や担保の必要もない
とのことでしたので、はじめての利用でも安心でした。

審査結果が出るまでも思った以上に早く、申し込みから3日ほどで希望通りの融資を受けることができました。

自宅にピアノが届いてからは娘だけではなく、最近子育てで疲れ気味だった妻も笑顔を見せることが増えたので、
思い切って購入して良かったと感じています。

まさかのボーナスカットで家族旅行がピンチに(男性/40代)

男性/40代

20年近く会社員をやっており、妻と2人の子どもがいます。

夏のボーナスと長期休暇を利用して、その夏はひさびさに家族で海外旅行へ行く予定だったのですが、
突然ボーナスが全額カットされることになり、旅行代が足りなくなってしまいました。

原因はゴールデンウィーク明けに発覚した、会社上層部の不祥事です。

これまで給料も安定していて、ボーナスが出なかったことは一度もなかったので、本当に予想外の出来事でした。

妻にはそのことを話し、旅行を諦めるべきか一度検討したのですが、来年は上の娘が受験ということもあり、
半年前からの計画を中止にしてしまうのはあまりに可哀想だったので、フリーローンから50万円の旅行代を借入することにしました

。私は若い頃に借金で苦しんだということもあり、借入には若干の抵抗があったのですが、フリーローンは金利が低いだけではなく、
途中で借入額が増えるような心配もなく、融資後は返済だけに専念できるので安心でした。

一度は落ち込んでいた会社の業績も少しずつ回復を続けており、安定した返済を続けることができています。

特定の目的のためにお金が必要になったときには、フリーローンからの借入がおすすめの方法です。

人気のフリーローンをランキング

数あるフリーローンの中でも、口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

なお、三菱東京UFJ銀行とオリックス銀行は総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でも借入可能です。

  1. 三菱東京UFJ銀行

    低金利で最短30分審査、口座開設不要でATM手数料無料、毎月の最低返済額は2000円から

  2. プロミス

    30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良い

  3. オリックス銀行

    限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  4. モビット

    10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

フリーローンとカードローンはどう違うのですか?

フリーローンとカードローンはともに資金用途が自由なローンで、無担保・無保証で借りられるなど、
多くの共通点があるため混同されやすいですが、異なる商品内容です。

この2つの違いとしては、フリーローンの方がカードローンよりも金利が比較的低く設定されており、
追加融資がないため多重債務になりにくいというメリットなどがあるところです。

また、銀行系のフリーローンであれば総量規制の対象外となるため、
年収やすでにある借入額で制限されることなく、融資を受けることができます。

利用目的が決まっており、頻繁に借入をする必要がないという場合には、
低金利で負担が少ないフリーローンの方がおすすめと言えます。

フリーローンはどのような用途であれば、借入ができますか?

フリーローンは冠婚葬祭などの急な出費や旅行費用、趣味や美容など幅広い用途ができる多目的ローンとなっています。

借入額や目的によっては、商品の見積もり書といった証明書類の提出が求められる場合もあります。

ただし、事業や投資のための資金、不動産の購入を目的としている借入などの場合には、
融資の対象外となっていることが一般的です。

また、一部の銀行系フリーローンでは、他社からの借り換えを目的とした利用を禁止している場合もあるため、事前に確認が必要となります。

フリーローンはどのような人に向いていますか?

カードローンからの借入は、審査の際に定められた限度額内であれば何度でも借入ができるため利便性が高い一方、
ついつい借入を繰り返してしまったり、返済期間が長くなってしまってしまうというリスクもあります。

本当に資金が必要なときにだけ借入をしたい方や、無理のない返済計画を立てたいという方に、
フリーローンはおすすめの方法となっています。

低金利で負担が少なく、返済期間も半年から10年以内で選択できるのがフリーローンのメリットです。

フリーローンと多目的ローンは違うものですか?

多目的ローンにはフリーローンだけではなく、カードローンなどの資金用途が自由なものが定義として含まれていることが一般的です。

ただし、銀行などによってはフリーローンという名前ではなく、多目的ローンや
プライベートローンといった商品名でサービスを提供している場合もあります。

この場合は、多目的ローンよりも資金用途の幅が広いものとして、フリーローンという商品名が使われていることが多くあります。

同じような意味で使われることの多いフリーローンと多目的ローンですが、
商品名によっては資金用途に制限が多いものもあるため、利用する際にはしっかりと確認しておくことが大切です。

フリーローンで追加の借入はできないのですか?

フリーローンは完済したあとであれば、再度借入を申請することができるようになります。

しかし、フリーローンの返済がまだ残っている場合、基本的には追加の融資が受けられないのが、フリーローンの仕組みとなっています。

返済中にフリーローンで追加の借入をするためには、新たに申し込みをおこなう必要があり、
資金が必要な理由や目的を明確にして、審査を通過しなければなりません。

フリーローンの返済中であっても、カードローンやキャッシングであれば利用や申し込みが容易なため、
何度も借入をする必要がある場合には、フリーローン以外の方法を考えるべきでしょう。

フリーローンの審査はどうすれば通りますか?

フリーローンの審査では主に過去の借入状況などの信用情報や、利用者の勤務年数や年収、生活状況などが重視されています。

ただし、年収の金額によって判断がされるわけではなく、安定した収入があることや
無理のない借入であることが通過するためのポイントになります。

できるだけ多くの融資を受けたいという場合でも、収入に対して過剰な希望金額で申し込んでしまうと
信用を落とすことになるため、無理のない申請をするようにしましょう。

また、フリーローンでは資金用途を明確にすることが求められるため、
旅行や引っ越し費用など借入した資金を何に使うのかをしっかりと伝えておくことが大切です。

インターネットからでも申し込むことはできますか?

多くのフリーローンは、インターネットからでも申し込むことができるようになっています。

インターネットで申し込んだからといって、店頭での申し込みよりも不利になるといったこともありません。
パソコンのほか、スマートフォンのサイトからでも申し込むことができます。

仮審査や返済プランのシミュレーションなども用意されていることが多く、
借入や返済に不安がある方でも、融資額や返済期間によって異なる金利などを計算することができます。

申し込みにはどのような書類が必要になりますか?

運転免許証や住民票、印鑑証明書といった本人確認書類をいずれか1つ用意するほか、
融資の振り込みや返済のために使用する口座を指定する通帳や書類が、申し込みの際に必要となる基本的な書類です。

また、借入額によって源泉徴収票や住民税決定通知書、確定申告といった年収を証明する書類のほか、
見積もり書や契約書、請求書といった資金用途を証明するものが求められる場合があります。

インターネットなどからの申し込みであれば、これらの書類のコピーを郵送もしくはFAXなどで提出することも可能となっています。

振り込みまでの流れや申し込み手順はどうなっていますか?

フリーローンで融資を受けるまでの流れは、基本的には目的別ローンなどと同じものになっています。

店頭やインターネットからの申し込み後、提出書類や信用情報などの審査が実施され、
審査の通過後に融資の可能額や返済プランが回答されます。

その後、契約手続きをすることで利用者の銀行口座に融資が振り込まれるようになります。

審査後は必ず融資を受けなければならないというわけではなく
回答された融資額などに満足ができない場合には、フリーローンの契約を断ることで融資を受けないことも選択可能です。

フリーローンの金利はどれくらいですか?

フリーローンの金利は融資額によっても変わってきますが、
一般的には5%から7%など、10%以下に設定されていることが多くなっています。

追加融資などがないため、カードローンやキャッシングよりも低金利での貸し出しが可能となっているのがフリーローンの特徴です。

また、金利には変動金利と固定金利の2種類があり、返済期間などに合わせて選ぶことも大切です。
借入中、金利が変わらない固定金利に対して、変動金利では定期的に金利の変更が見直される仕組みとなっています。

通常は年2回ほど金利の見直しがされるようになっており、短期間の返済であれば影響を受けることはほとんどありませんが、
景気や情勢が不安定な場合には負担が増えてしまうリスクもあります。

変動金利型のフリーローンを利用する際には、事前に金利が見直される時期などを確認しておくことで、リスクを回避しやすくなります。

審査が終わるまでにはどれくらいの期間がかかりますか?

フリーローンの審査期間は3日から1週間程度となっています。

カードローンの審査よりは期間が長くなる傾向があり、即日融資などの素早い対応が難しいのが、
フリーローンのデメリットと言えるかもしれません。

フリーローンの場合、基本的な確認内容に加えて、資金用途なども審査の対象となるため、
どうしても時間がかかりやすくなってしまいます。

営業日などによって関係してくるため、できるだけ審査期間を短くしたい場合には、
郵送の必要などがない店頭からの申し込みの方が有利となることもあります。

希望する融資額が高くなるほど、貸し出しをする側の審査も厳しくなるため不備のない書類を提出して、
しっかりとした信用を得ることが審査をスムーズに進めるためのポイントとなります。

外国人でもフリーローンは利用することができますか?

日本国籍を所得しておらず、外国籍の方でもフリーローンの利用を受け付けている銀行もあります。

申し込みの際の提出書類としては、在留カードや特別永住者の証明書、
市町村役場から発行される住民票や住民票記載事項証明書を用意する必要があります。

住民票や住民票記載事項証明書は発行後3ヶ月以内など期間が設定されている場合もあります。

返済が滞ってしまった場合でも、本人との連絡が取れることを証明しておくことで、審査の際に信用を得やすくなります。

どのような方法で返済することができますか?

フリーローンの返済方法は、契約時に指定した預金口座からの引き落としとなります。

本人名義であれば融資の振り込み口座と返済口座は、別のものを指定することもできます。

フリーローンの返済方式では、住宅ローンなど同じように元利均等返済が多く採用されており、
毎月の引き落とし額は元金と利息の返済額の合計となっています。

借入期間中の返済額を一定にすることができるため、完済までの管理がしやすく、
無理のない返済企画を立てやすいのがフリーローンの特徴です。

借入に必要な金額が決まっていない場合でも申し込むことはできますか?

申し込み時に、必要な金額が決まっていない場合でも審査を受けることができます。

家具や楽器の購入、旅行費用などが目的の場合、詳細な料金の確定までに時間がかかってしまうことがあるかもしれません。
そういった場合でも、資金の用途が明確であれば申し込むことができます。

また、事前に申請した金額よりも必要な金額が少なかった場合でも、契約時に借入金額を変更することができます。

ただし、増額をするためには再度審査が必要となる可能性もあるため、
金額が確定しない場合はある程度余裕を持って申請するようにしましょう。

借入を一括返済することはできますか?

収入があがったり、余裕ができてきたので返済のペースを早くしたり、借入を一括で解消したいということもあるかもしれません。

フリーローンでは契約時に設定した返済計画にしたがって、毎月一定の引き落としがされていくのが一般的ですが、
一括返済といった繰り上げ返済が利用できる場合もあります。

ただし、繰り上げ返済を申請する際には手数料が発生してしまうことがあり、
返済金額によっては負担が増えてしまう場合もあるため注意が必要となります。

繰り上げ返済の手数料は、窓口やインターネットからの利用によって異なる場合があるため、確認するようにしましょう。

このページの先頭へ